<< 定期預金をしようと思うの巻 | main | 大金星 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

EclipseでJMakiのプロジェクトを作成してみる。

ちょこっとづつJMakiの勉強をしているんだけど、
なかなか、有用なサイトが見つからないような気がする今日この頃です・・・・

ということで、今日は2回目!!
JMaki用のプロジェクトとサンプルプログラムを作ってみたいと思います。

(インストールとプラグインは前回の記事を見てください) 
■環境
JMaki 1.8.1
Java 1.6
Eclipse 3.4

◇プロジェクトの作成方法
1.[ファイル]-[新規]-[その他]を選択します。

2.ウィザードから、[JMaki Project]を選択して、[次へ]ボタンを押下
なぜか、[Project Template]が利用できませんでした・・・

3.任意のプロジェクト名(※1)を入力後、テンプレートから、[/JMakiSample Project]を選択して、[完了]ボタンを押下
(※1)ここでは、HelloJMakiとします。

ここまでで、プロジェクトが作成されます。
※動的Webプロジェクトでも同様なプロジェクトが作成できます。

4.この状態で、build.xmlを作成後、Tomcatを起動すればindex.jspの内容が表示されます。
さて、それでは折角ですのでJMakiで利用可能なスニペットを追加してみましょう。

◇スニペットの追加
(事前準備)
JMakiをダウンロードして解凍すると、以下のフォルダ(※2)にzipファイルが作成されていますので、[ウィンドウ]-[設定]を選択し、「設定」ダイアログを表示し、JMaki配下の[Widgets]にライブラリを追加しておきます。
○解凍フォルダ
ダウンロードしたフォルダ/widgets
jmaki-1.8.1.zip等が存在します。
○参考画像

1.[ウィンドウ]-[ビューの表示]から、[jMaki Snippets View]を選択します。

2.1で選択して表示されたビューから、任意のスニペットを選択し、Drag&Dropします。
※ここでは、jMaki Googleに入っている、マップを選択しました。

これで、Widgetsの追加は完了です。
さぁ。実行してみましょう。
【実行結果】

次回は、もう少しつっこんだところを勉強していきたいと思います。
そもそも、resourceフォルダが二つ存在しているのがイヤだ・・・・

※本記事は、2009/01/21に記載しています。そのため、最新のバージョンがリリースされると上記方法ではインストールできない可能性があります。


スポンサーサイト


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • 00:32
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」