<< Erlang 〜第3回〜 モジュール編 | main | 性能を改善するということ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ワークシェアリング

 ここ数日、本職のほうが忙しくてブログを更新していなかった3日坊主です。


もちろん、技術的な勉強もすることができず、
2週間の間、ずっとメンバーの仕事をスムーズに進めるためのサポートをしてきました。


10人もいると、いろいろな性格な人が集まってくるもので、
ずさんな人もいれば、きっちりやる人もいて、話をしていて、本当面白いです。

そういったメンバーのバランスをとるのがリーダーの仕事だと私は思っています。


とはいっても、みんなに平等に接することがなかなかできないのが現実です。
きっと、不満を持っているメンバーもいるとは思うのですが、そこは諦めるしかないところです。


さて、話は変わり今日のテーマはワークシェアリングです。
ここ数カ月、不景気のあおりを受けてIT業界も大変なことになっているようです。
(ずっと忙しい現場なので、まったく影響を受けていませんが・・・)

ワークシェアリングとは、簡単に言うと今まで一人で行ってきた作業を、
分担することで、一人一人の作業時間を削減して、その分ほかの人に作業を分担しましょう。ということです。

全体として、目的を達成するための作業時間は減少しませんが、
その作業にかかわる人数を増やすことで、みんなの生活を守りましょうということです。

ただ、なかなか難しいのがワークシェアリング。
何かのプロジェクトを進めている途中で、ワークシェアリングを導入するのは一筋縄ではいかないと思います。


現場の人間の意見からすれば、作業を分担するということは下手をすると逆に効率が悪くなり、費用がかさんでしまう恐れがあるからです。


では、どうすれば上手く仕事を分担できるのか?

まずは、顧客とSIerがともに仕事を分担して行うということを意識することが大切です。
意識するだけではなく、契約内容に盛り込むことが必要だと思います。

次に、ワークシェアリングを行うことを前提に納期やスケジュールの設定を行う必要があります。

そして最後に一人ひとりの作業者が仕事を分担して行うということを意識して仕事を進めることです。
どうしても、この業界の人たちは自分自身の力を周りにアピールしたがる人が多いと思います。
(その割には、できないことがあると、人のせいにする人がいますが・・・最後まで責任とってくれよ・・)

ただ、最後の内容はこの業界に限ったことではないのかもしれませんね。
そもそも、今の日本の教育制度の責任かもしれません・・・とは言っても別に国のやり方に文句があるわけではありません。

それならそれで、その国で生活している以上、仲良くお付き合いするのが大人ですからね。

「郷に入っては郷に従え」です。

少し話がそれてしまいましたが、ワークシェアリングは上手に実行すれば、みんなが幸せになる要素を持っていると思います。こんなご時世だからこそ、こういったことを実践してみても良いのではないでしょうか。


スポンサーサイト


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • 23:27
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」