<< リスクマネージメント | main | ラインの引き方 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

YESまんのススメ

 YESまん。

賛否両論あると思いますが、メリットもあればデメリットもあると思います。

まずは、デメリットのほうから、
なんでもかんでも「はい」と言っていると、
自分の意見のない人間と思われがちです。

そのため、新しい企画の仕事なんかを任せられるケースが少なくなるケースが多いと思う。

逆にメリットは?


メリットと言えば、上からの信用は厚くなります。
(ただし、YESと言ったことをしっかりとやれた場合のみ)
その信用を勝ち取れば、いろいろなチャンスが生まれてくるはずです。

と、ここまで読んでいて感じた人もいると思いますが、
正直、YESまんは一長一短です。
所属する会社や、所属する組織の空気を読んで立場を決めるのが一番良い方法です。

何が正しいのかを主観的に判断するのは非常に危険を伴う行為です。
主観的に判断して、行動に移したい場合は経営者になることを勧めます。

組織に所属する以上は、第一に考えるのは客観的に判断できる能力を身につけることです。
若い頃は、「自分の思ったことを自分の思った通りに無我夢中に行動する」タイプと、
「言われたことに対して、きっちりとこなそうとする」タイプと、「適当にやりくるする」タイプの人がいると思います。この選択は正直非常に難しいです。

なんせ、答えを持っているのは結果が出たときにしかわからないからです。
だから、自分の感じたままに行動するのが、一番後悔が少なくてすむと思います。

もし、失敗したと思ったら、
その行動をただせばいいのです。20代はそんな世代です。
失敗しても、まわりは大目にみてくれます。
それが20代です。30代になったらそうはいきませんからね。

よく言いますが、後悔をするのではなく反省をすることです。

反省をして次に生かせばいいのです。
例え大きな失敗を仕事でしたとしても、次の機会にその失敗を生かせばいいのです。

そんなこと、誰もが思っていて簡単にできるわけないと思われるかもしれません。
その気持ちでいいんです。次の失敗をすればいいのです。

30代、40代になっても失敗はします。
ひとつ違うとすれば、責任の取り方です。

よく政治家が、責任をとって辞職をするという話を耳にすると思います。
当然ですね。それが、そのかたの仕事なんですから。

当然、年齢が上がれば責任は重くなります。
そうなる前(自由にやってよい期間)に思いっきり失敗することです。

そして、反省してください。反省して反省して成長してください。

「反省は成長の糧です」

この事を常に念頭において仕事をしていれば、
必ずいつか報われます。だから若いうちはたくさん失敗してください。

どうしてもダメだったら、その仕事をやめれば済むことです。
今のご時世、仕事がなくなったら生活できないじゃないか!と思われる人もいると思います。
ただ、何もせず会社をやめていく人間ではなく、
いろいろな失敗をした上でやめていく人間では明らかに違う部分があります。

それは、
「失敗している」ということです。
失敗ほど大切なことはないと思います。


スポンサーサイト


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • 00:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
“YESまん”
“まん”が平仮名だと中華まんみたいになるね。何味かな〜?、とか。
くだらなくてごめんなさい。
甘酸っぱい感じですかねww
  • アサケン
  • 2009/04/13 11:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」