<< エヴァンゲリオン 最後のシ者 | main | 求心力 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

国語の試験について思うこと!!!

 本日のお買いもの♪

戦国合戦 15のウラ物語(PHP文庫)

もともと、日本史は弱いんだけど、
大阪に来てから、様々な縁で触れる機会ができたので、今回も思い切って買っちゃいました。
(衝動買い大好きです)

ウラ話というところにひかれたんだけど、
本当のグリム童話とかも気になります。
(話それた・・・)

そうそう。
話は変わるだけど、中学校のときに非常に強く疑問として思っていたことがあるので、
ちょっと、そのときの思いを書いてみます。(同意してくれる人はいるのだろうか?)


小学→中学→高校と国語は基本科目?としてずっとお世話になると思うんだけど、
国語の試験で、漢字の読書きや四字熟語の意味などを問う問題は、全然許せるんだけど、
読みとり問題ってあるじゃないですか?

たとえば・・・

「このとき、作者は何を思っていたでしょうか?」
みたいな問題。

まだね。
「ここでいう"それ"とは何を指しますか?」
とかいう問題は許せます。許せるんですよ。
きっと、ソレが指している答えは、問題文から読み取れますからね。
(私には無理でした)


でもね!
「このとき、作者は何を思っていたでしょうか?」
これ、私の中ではかなり悪な問題に思えるのです。
(本当、国語好きはこれ以上読まないほうがよいかもww)


だってですよ。





そのとき作者が思っていたことなんて、誰にもわからない!!!!




んですよ。
というか、と思っていたんですよ。(今でも)


もしかしたら、トイレに行きたかったかもしれない・・・
その日の晩御飯のことを考えていたかもしれない。


何を思っていたのかを第3者に答えさせるのって、
「わかるわけないじゃん!!!」ってのが私の思いです。(ちっちぇ〜かも)


まぁ。問題のニュアンスが少し違っていたかもしれないけど・・・




でも!

私、国語が大の苦手でしたから!!!
小説を真面目に読み始めたのは、25歳くらいからですから!!!


こうやって書いていると、
自分が国語が苦手だった言い訳をしているように思えてくる。




図星ですけど。


スポンサーサイト


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • 01:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>「このとき、作者は何を思っていたでしょうか?」
確かに問題が悪いよね。
国語は好きだったけど、この質問文が出てくるたびに「出題の文が曖昧だよ〜。国語の教師ならこんな曖昧な出題文つくるな〜!」って思いました。
「この文章にこめられた作者の気持ち」とか
「このとき作者は何を表現したくてこの文章を書いたか」とか
なら出題の曖昧さはずいぶんと無くなりますが、何故か「このとき、作者は何を思っていたでしょうか?」という出題が多かったよね。
そうなんですよ。
以前、このあたりの話しで議論した覚えがありますww
  • アサケン
  • 2009/04/13 11:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」