<< Saasって、どこがすごいの??? | main | バイオハザード5 体験版 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

仕事内容の説明書

 仕事をやってもらうときに、どこまで資料を用意すれば良いのか?

相手のレベルは、今後どのようになってほしいか?

他の仕事の関連、周りのフォロー体制、本人のモチベーション等々


いろいろと考えないといけないことが多すぎで、結局何も用意していなかったりしています。
(口頭で説明できるように、自分の中での作業手順はある状態)

ただ、やる人によって進めかたも違うし、スピードも違うものだから、
質問があったときに考えなくてはいけないのは、自分を主体にして考えてはいけないということ。


今、あるシステムの性能改善を任されているんだけど、
一緒にやっているメンバーのほとんどが、性能改善を本格的にやったことのない人(自分も含め)
そういった環境でも、常にお客様の要望に近づけることができるものづくりをしなくてはいけない。


ここ数日は、納期との関係上無茶な修正をお願いされると、
どうしても、最初に考えてしまうのは納期・品質・コストを考えると、難しいのではないか?ということ。
でも、最近そうじゃないんだなっと考えが少しづつ変わってきています。


良い勉強してます。
どれを立てて、どれを捨てるか?
この判断を正しくできるのが、良いプロジェクトリーダであり、プロジェクトマネージャーなんだろうな。
立場は違えど、目的は一緒のわけだから、できるだけベストなものを作るために日々考えて努力する必要がある。もう少し、大人な考え方もしなくてはいけないんだなっと思ってる。


こんな頼りないリーダのもとで仕事をして頂いているメンバーに
少しでも貢献できるように、私はサポータの役割をもっとうしたいと思う。




スポンサーサイト


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • 00:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」