スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.11.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

在宅勤務

 今月からシフト勤務が始まり、
今日は自宅でコソコソと勉強をしています。

テーマは、「クラウドコンピューティング」だったのだけれども、
今現時点では、在宅勤務について考えていたりします。
(この派生ブリがなとも(笑))

サーバーの仮想化技術から、
Saas⇒クラウドコンピューティング⇒ZumoDriveやDropboxのAmazonS3関連
⇒再び、仮想化技術⇒グリーンITへ・・・

そこで読んでいた記事の中に在宅勤務についてすこし触れられていた。
昨今、リーマンショック後の不景気が始まる前から、ニートの問題がすくなからず
とりあげられていたと思うんだけど、こういった人たちに働いてもらう目的もこめて
在宅勤務を上手く利用できればいいと思った。

自宅にいても仕事がある。
これって、ニートと呼ばれる人以外でも出産をして子供の世話が大変な両親や、
現役をさった高齢者の方まで、様々な人を雇用することが可能な話ではないでしょうか?
(そんなに上手く事は運びませんが)

でも、現在のインフラ技術があれば、
こういった労働形態も実現可能なのではないか?

そもそも、働いていない人は
人生の"目的"そのものが、そっちに向いていないからだと思う。
別に否定も肯定もしませんが、そういった人たちも生活するには最低限のお金が必要なのは、
自分自身も絶対わかっているはず。


そういった人達と一緒に仕事ではなく、自宅でできる趣味みたいな位置付けで、
生活ができれば、それはそれで企業にとってもメリットがあると思う。
ただし、社会に対する責任(CSR)があるから、最低限のルールは決めておこないと大変なことになるだろうけど、社会に出て数年が立つけれど、これだけはゆずれないところだと思う。

でも、その責任すら感じさせない環境が構築できれば、
理想的なのかもしれないし、もっと働く人が増えてくるかもしれない。

また、在宅勤務は人が移動しない分、グリーンITへも繋がると思う。
大阪では、マイカー通勤をやめよう!みたいない日があるけれど、
通勤自宅が削減されれば、その分エコじゃない?

まっ、想像するのは簡単な分だけ、実現するのは難しいと思うんだけどね。
でも、在宅勤務も捨てたもんじゃないと思うけどな。

もっと、これからITの世界は進化していくわけだし、
将来は、こういった環境で働ける人達が増えていくことを期待しています。


グリーン・ニューディール政策

 ここ数ヶ月の間で、いろいろと話題になっている
"エネルギーの再利用化"を促進させることで、今の世界金融危機から脱出しようという試み。

この政策が日本でも1月19日、
「日本版グリーン・ニューディール」構想を発表されたようです。
3月までに具体案を纏めるようなのですが、どういった内容が提言されるか楽しみです。


世間での評判はいまいちのようですが、
考え方自体は悪くないと思いますし、上手くやれば一石二鳥な面もあるわけですから、
今後の地球規模での環境問題を考慮した上では、成功させたい分野の話ではないのでしょうか?


で、私達IT業界がどのような面で役に立っていけるのか?
具体策が出ていないので、想像だけの話になってしまいますが・・・

まず、太陽光を利用したソーラー技術!
ソーラー技術を住宅やビル等の居住スペースに利用することで、
建築業や電気工の仕事が増加すると考えられます。
これにより、IT業界の役割としてはそういった業種への何らかのサポートが出てくると考えれます。
また、住宅やビル以外にも自動車への適用も考えられます。(実用化は遠いように感じますが・・・)
自動車業種へも同様なIT関連のサポートが出てくると考えれます。

通常業務への関与も増えると思いますが、
"ソーラー技術へ間接的に関わる何か"な仕事も増えてくると思います。

また、電車や地下鉄といった、
公共交通機関への適用も考えれます。
そもそも、道路がなく線路だけの世界だったら自動車からの排ガスは考えなくてもすみます。
(この続きはまた今度)

ゴミの問題や、二酸化炭素排出の問題・・・
様々な問題が地球環境へ悪い影響を及ぼしている!
というのは、誰もが理解していることだと思いますが、
「意識的に何かを始めないと、何も変わらない」という状況事態が、
なかなか、前に進めない要因の一つなのではないでしょうか?

今の日本の失業率が、約4.4%・・・
バブル期の失業率が約2.0%という事を考えると、
2.2倍の失業率といえます。他の国に比べるとまだまだ低いようですが、
今後、どのように推移していくかわからないし、失業率が増えれば、様々な悪い要素も出てきます。

個人レベルでも、グリーン・ニューディール政策に参加できるような、
画期的な具体案が出てくることを期待しています。

※グリーン・ニューディール政策
フランクリン・ルーズベルト米大統領がウォール街大暴落とその後の世界恐慌を克服するため行った社会・経済政策であるニューディールに由来しているようです。


Saasって、どこがすごいの???

 最近、ちょっとしたことがきっかけでSaasを調べてます。

【Wikiより】
SaaS(Software as a Serviceの略、サースまたはサーズ)とはソフトウェアをサービスとして提供するソフトウェア販売の新しい形である。具体的には、従来の「ライセンシング」という形でパッケージソフトを販売し収入を得るのではなく、ソフトウェア機能をインターネットを通じて「サービス」として提供し、月額使用料というような形で収入を得る事業モデルである。

言ってみれば、ASPのような考え方だと思う。
汎用性を少し持たせることができるようだけど、ASPを利用しても同様なことができたはず。

そういう意味では、ASPから名前が変わって、少し今の時代にあった考え方が取り込まれているんだろうな。


クラウド・コンピューティングの考え方なんだよね。


今後、どのような形で利用されていくか?

サービスを提供して、月額使用量を払ってもらうという点では、
初期導入コストを考えた上で中小企業のエンドユーザには受けがいいと思いがちだが、

どこの会社も、"会社の事情機能"ってあると思うんだよね。
その部分をどのように吸収できるかで、今後のSaasが流行っていくのか?廃っていくのか?の
分かれ道だと思う。


資源の問題もあるだろうから、ある程度の力を持った会社でないと
例え開発できたとしても、システムの維持コストやメンテナンスコスト・・・・
人件費等も考えると、費用対効果が少ないような気もする。

ただ、爆発すれば暫くの間は利益を生むことができるのもしれない。


どんなシステムでもそうだけど、一番難しいのは業務というのは常に最適化がされるし、
イレギュラーなケースも増えてくるもの。大企業でノウハウがある程度固まっている会社であっても、時代の流れには逆らえないため、どうしても変更が発生してしまう。

Saasの使いところは、できるだけ不変的ものであり、
必要最小限の機能に抑えるか、企業を相手にするのではなく個人向けに、時代の流れに負けないようなシステムを構築することが成功のカギだと私は思う。

例えば・・・
今、ブログを書いているが、入力した文字に関連する用語を、
次々に表示してくれるツールや、

遠隔地でも、農業ができるように衛星カメラを利用した農地監視システムとか?
もちろん、種まき/水やり/肥料をまく等のサービス(マッシュアップの如く、様々な企業が個々のサービスを提供しても面白いかも?)も、提供してくれる業者が自動で実施できる。
ここまでくれば、その企業が農地を持てばいいと思われるかもしれないが、
今流行りのワークシェアリングを考えた場合、上記のようなシステムも面白かもしれない。


少し話の論点がズレてしまったが、Saasについては少なからずとも期待はしている。
今後、自分が開発に携わるようなことがあれば、違った一面も見れるかもしれない。




関連会社
株式会社ツクル
誠意と創意で技術を社会に活かすIT企業
          
          
時計
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Amazon
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」